読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacBook Pro 13 Late 2016 with Touch Barのレビュー

こんにちは。

今回は、 先日発売された新型MacBook Pro 13インチ with Touch Barを購入しましたので、
数日使ってみた感想を書いていきたいと思います。 

2記事目でいきなりレビュー記事を書くのも気が引けますが、気にせずレビューしていきます。

 

購入に至った経緯

今までは僕が使っていたのは、MacBook Pro 13インチの Late 2011でした。
CDドライブを内蔵したゴツめのやつです。 

購入してから約5年弱、HDD→SSDの換装を経て今まで現役で使ってきましたが、流石に持ち運ぶ時の重さや処理の遅さが気になり始め、今回新型の購入を決意した次第です。

スペック

スペックは以下の通りです。 

毎日大学に持って行くことを考えて、サイズは13インチにしました。
しかし、性能面からみたコスパ的には15インチモデルがかなり良いみたいです。

ただ、僕の用途だと強力なGPUは必要でないし、
やはり15インチは少し大きすぎますね…

また、研究で使うデータの解析や資料作成をする都合上、メモリは16GBにしています。個人的にメモリは多くて困ることはないです(少なくて困ることはしょっちゅうですが…)。

ストレージ容量については悩みましたが、512GBにしています。
滅多に使わないデータなんかは外付けのHDDや研究室のPCに置いておけば良いし、iPhoneの母艦には自宅のiMacを使っているので、 512GBあれば十分です。

ちなみに色はスペースグレイにしています。
これも実はすごく悩みましたが、新しい物好き+黒系色好きなので結局スペースグレイにしました。

外観

さて、外観です。

まずは箱。

MacBookPro13inchの外箱

はい。カッコいいです。
新型MacBook Proにおける「薄さ」や「Touch Bar」といった特徴を生かしたパッケージだと思います。

次に、箱を開けたところ。

MacBookPro13inchの箱の中身

Apple製品全てに共通することですが、開けた時の印象を凄く意識していますよね。

そして、Macを取り出すと。

MacBookPro13inchの中身2

 ここもいつも通りです。
ケーブル・アダプタ類が綺麗に収納されています。

 では取り出したMacを開きます。じゃーん。

新型MacBookProを開いたところ

おお〜かっこいい!
画像だと分かりにくいですが、スペースグレイは凄く渋くておしゃれです。
光の当たり具合で黒っぽくなったり、シルバーぽくなったり面白いです。

そしてやっぱりトラックパッドが広いですね〜

そして目玉のTouch Bar。

新搭載のTouchBar

Touch Barは思ったよりも高解像度で、物理キーと並んだときの違和感はほとんどありませんでした。

そしてキーもなかなかに薄いですね。
先代のMBP(MacBook Pro)が分厚いキーだったので、慣れるまで時間がかかりそうです。

使ってみて

まだ使い始めて一週間弱ですが、一番驚いたのは動作の速さです。

ベンチマークなどは散々ネットに上がっていますが、やはり実際に触った時の体感速度はめちゃくちゃ速く感じます。
Dockのアプリがワンバウンドで立ち上がるのはなかなかの感動です。

今回のMBPはSSDが相当高速らしいので、その恩恵でしょうね。
少なくとも、操作上のストレスはほぼ皆無になりそうです。
(比較対象が5年前のMBPなので、当たり前っちゃ当たり前…?)

Touch Barはなかなか面白いです!
画面の明るやさ音量を直感的に操作できるのは、思いの外便利でした。
あと地味ですが、Finder操作時にフォルダの作成・削除がTouch Barから一発でできるのも意外と使えます。
まだ対応アプリが少ないので評価しにくいところもありますが、個人的には悪くないと思いました。

気になっていたキーの打鍵感ですが、やはり最初は違和感がありました。
しかし、数日使っているうちにほとんど気にせず使えるようになったため、結局は慣れな気がします。
キーを"叩く"というよりは、"撫でる"ように打つようにすれば圧倒的に打ちやすくなると思います。

 

さてさて、今回は購入した新型MacBook Proについてざっと紹介してきました。
まだまだ使い始めなので、また使っていくうちに気がつく点もあるかと思いますが、個人的には大満足です。